シャンプーの泡立て方のコツは?

 

シャンプー 泡立て方

シャンプーを泡立てるコツって知ってますか?

シャンプーをしている時に泡立たなくてイライラすることありますよね。

1度目で泡立つことなんてなくて、1回シャンプーをつけたあと、さらにシャンプーを足してゴシゴシ洗っていませんか?

実はそれ、簡単に泡立たせることができます。

これを知らないと、なかなか泡立たないのでついつい無駄にシャンプーを使ってもったいないです。

特に最近はスカルプシャンプーなど、高級なシャンプーが増えてきているのでちゃんと泡立てないとコスパが悪くなってしまいます。

さらに、シャンプーの効果は泡立つことで機能することがほとんどです。

なんといってもシャンプーの番の目的は髪や頭皮をキレイに洗い立たせることですから。

整髪料をつかっていない人なら、泡立たせれば1回のシャンプーで終わることができます。

整髪料を使っている人は2回必要になります。

では実際に行うシャンプーの泡立てからですが、まずは頭皮の余分なゴミを取るために、ブラッシングしてください。

ブラッシングすると余計な汚れが浮き上がりやすくなる、さらに固まっていた整髪料がときほぐさえるので泡立ちやすくなります。

次に、シャワーのお湯だけでよくすすいでください。

どのくらいすすぐのかというと、お湯だけで全部洗い流してしまおうというくらいです。

今日はシャンプーがきれているから、お湯だけでキレイに流そうといった感じです。

時間にすると個人差はありますが、だいたい5分くらいお湯ですすいでください。

すすぎきったら、次に手を石けんやボディーソープで洗いましょう。

これは髪をお湯ですすいだ時に、汚れや整髪料が手についてしまったためです。

汚れた手ではシャンプーが泡立ちにくくなるのでよく手洗いをしてください。

手洗いのあとも、石けんやボディーソープが残らないようによくすすいでください。

ここまできてからシャンプーを泡立てます。

シャンプーは1プッシュで大丈夫です。手にとって少しずつお湯を数滴まぜながら泡立てていきましょう。

この時にあせって一気にお湯を混ぜてはいけません。

シャンプーとお湯が混ざりきらず、お湯が手からこぼれてしまうとシャンプーも一緒に流れてしまいます。

あせらず数滴ずつお湯をたらしては混ぜる、混ざったらお湯を数滴たらして混ぜるを繰り返してください。

理想は洗顔料のCMのような膨らんだ泡の状態です。

ここまで泡立てられればシャンプーをしても泡を維持することができます。

あとは通常のシャンプーを行って、最後にしっかりすすぐようにしてください。

整髪料をつけている人は、1回のシャンプーでも落ちることがありますが、基本は2回必要です。

1回目のシャンプーをしっかりすすいだあと、もう一度シャンプーを手のひらで泡立ててから2回めのシャンプーを行ってください。

シャンプーの泡立て方は1回目と同じようにしてください。

上記の方法で泡立ちにくいシャンプーを使っている場合は、泡立てネットを使うと便利です。

100円ショップや無印良品で売ってあるので、使うことをオススメします。

シャンプーを泡立てることは、コスパも良くなりますが、頭皮や髪にとってもよいことです。

原液をつけてシャンプーすることは、洗浄成分が強すぎて抜け毛や薄毛など、頭皮トラブルのもととなるので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。