湯シャンでシャンプーいらず?実体験して大変な目にあった話

 

湯シャン 実体験

湯シャンって知っていますか?

福山雅治やタモリさんがやっている健康法ということで、一時期ブームになったシャンプー方法です。

今も根強く人気があり、知った人が実践しようとしています。

私も湯シャンに挑戦しました!

しかし残念ながら失敗に終わってしまいました。

湯シャンとは、シャンプーを一切使わずにお湯だけで頭皮と髪を洗う方法です。

現代のシャンプーには、髪や頭皮に悪い成分や強い成分が入りすぎているので使わないほうが自然に頭皮の健康を守るよ!といったシャンプー法です。

ハゲることが怖いだけでなく、最近抜け毛や薄毛が気になりだした私は、この湯シャンを行うことにしました。

まずは湯シャンのやり方ですが、風呂に入る前にクシで髪をとかして余分な汚れを浮き上がらせます。

次に36度位のシャワーですすぐだけ!コレで終了なんです!

なんとも便利じゃないですか。シャンプーもいらず、リンスも要らない!

面倒くさがり屋の私にピッタリのシャンプー方法です、余った時間は湯船でスマホだ~!と思っていたのですが…

悲劇はすぐに始まりました。

なんと頭皮が臭くなり痒くなってしまったんです。

健康にいいんじゃないの?と思ってよくよく調べてみると、効果が洗わえるまで1~6ヶ月はかかってしまい、そのあいだはカユミや臭いがするですって!

見た目も皮脂が残っているせいか髪が濡れたような感じになって汚い…

こんな状態が半年も続くなんて耐えられないと思い、すぐにシャンプーをするようになりました。

湯シャンが私のようなオイリーな男性にはむかず、乾燥肌や敏感肌の人にむくシャンプー方法のようです。

それでも臭いがするのは耐えられそうにないと思うんですが、実際に成功した人もいるようです。

しかし、整髪用ベッタリのタモリさんがこの湯シャンができるとは考えにくい気もするのですが…

私のやり方が悪かったのでしょうか?

それか半年以上頑張って、湯シャン状態になれたのでしょうか?

そうだとすれば、笑っていいともやってた時辛かっただろうな…なんて考えてしまいます。

とにかく、湯シャンをするには、あっている人とあっていない人がいます。

さらに湯シャンの効果を得るためには1ヶ月から半年はかかると思っていてください。

しかし、社会人でこの湯シャンを行うことはほぼ難しいと思います。

社会人としては整髪料を使わない職種もありますし、スメルハラスメントが取りだたされる中で臭ってしまう湯シャンはおすすめできません。

そもそも、抜け毛や薄毛を防止するために、頭皮を健康にしたいのであれば洗浄成分が良いシャンプーを使うという手段もあります。

湯シャンが良いとされる理屈が、シャンプーに「悪い成分」「強い成分」が入っているためならば、悪い成分と強い成分が入っていないシャンプーを選べばいいだけです。

シャンプーにも、良い成分である「アミノ酸」がありますし、優しい成分である「弱酸性」「オーガニック」などもあるので、ぜひ使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。